一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント科・矯正歯科
・審美歯科 ・マタニティ歯科・予防歯科

HOME 大東歯科のこだわり 当院のご案内 STAFF募集 お問い合わせ
ハードレーザー治療へのこだわり
レーザーとは……
レーザーは、懐中時計や照明機具といったいわゆる自然の光とは違って、特定の波長(光の色や特性を決定するもの)の光で、極めて強いエネルギーを0もつ効率のより光です。



こんなところにもレーザーは使われています……
ハードレーザー治療
ハードレーザーは、外科・形成外科・脳外科・耳鼻科・眼科・皮膚科・産婦人科等、多くの医療分野で使われ、実績があります。皮膚科ではホクロやアザの除去といったように美容的なことにも使われています。
歯科では、最近になって治療に使われるようになりましたが、どこの歯科医院でも使用されているものではありません。
ハードレーザーで、お口の中の疾患部(口内炎etc.)をすばやく取り除くことで、治療時間の短縮や治療回数が少なくて済むばかりか、治りも早くなります。痛みもほとんどありませんし、他の治療に比べて、傷あとが残りにくいのも大きな特徴です。
そのほか、疾患部の炎症と痛みを和らげたり、虫歯の治療にも使われます。
当医院では、患者さんにやさしい最先端のハードレーザー治療を行っています。
1回のハードレーザー治療は、短時間で終わります。
症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。
ハードレーザー治療なら、出血もほとんどなく。傷あとも残りにくいほか、治りも早くなり、治療後の痛みもほとんどありません。
※ハードレーザーには虫歯の予防の効果があることも各種学術論文で発表されています。

パナソニック
デンタル株式会社
次のような疾患でお悩みの患者さんは、是非一度ご相談ください。

[口内炎]
触れると痛み、ひどいと食事もろくにできません。ハードレーザーで、ほとんど1〜2回で完治します。

[口角炎]
口の端にでき、口を開けると傷口が開いて痛みます。お醤油などの刺激で治りが悪くなります。
ハードレーザーで、ほとんど1〜2回で完治します。

[歯グキのハレ]
不規則な食生活などで急性の炎症を起こします。痛みがある場合には不快なものです。
ハードレーザーで消炎してハレを抑えます。麻酔を使わないでできる症状がほとんどです。

[歯周病(シソ−ノーロー)]
歯グキから血が出たり、口臭がひどくなったりします。治療せず放っておくと歯が抜けます。
治療中の患者さんでも、レーザー治療を併用する事で治りが早くなります。
ハードレーザーで歯肉を切ってウミを出すとともに殺菌効果によって治りを早くします。
ほとんど麻酔を使わずに治療できます。

[歯グキの黒ずみ]
メラニンという色素により歯グキが黒ずみます。ハードレーザーで、きわめて短時間で焼き取ります。治療後は普段どおりの食事もでき、治療した痕は数日〜1週間ぐらいでとれ、ピンク色のきれいな歯グキに生まれ変わります。

このほかにも応用できる治療がありますのでご相談ください。
〜炭酸ガスレーザーPanalasC05による治療例をご紹介します〜
(数日〜1週間程度)

★義歯による潰瘍や、口内炎・口角炎(痛みがやわらぎ、早く治ります)

★歯グキの黒ずみ(きれいなピンクの歯肉になります)


★歯周病(炎症や痛みがおさえられ、早く治ります)

写真はほんの一例で、他にいろいろな治療ができます。