一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント科・矯正歯科
・審美歯科 ・マタニティ歯科・予防歯科

HOME 大東歯科のこだわり 当院のご案内 STAFF募集 お問い合わせ
インプラントのこだわり
人間は「歯」が抜けると歯ぐきの中の骨(歯槽骨)が高さも幅も退縮していきます。通常なら、そこへインプラントをいれるために骨移植をしなければならないケースがあります。骨移植の方法には大きく分けて2種類あります。

A)自家骨移植
これは自分の口腔内の骨の一部を移植する方法

B)他家骨移植
これは他人の骨や動物の骨、あるいはカルシウム由来の素材を用いて移植する方法
主に脱灰凍結乾燥骨や牛の骨由来のものが多く用いられています。

インプラント治療における他家骨移植の場合、患者さんの口腔内にどのような素材が移植されるかの説明が十分に伝わっていない場合があります。
つまり他家骨はエイズや肝炎や狂牛病(BSE)の感染の危険性がゼロではないという説明です。
当医院では骨移植に権威のある医院と連携し「危険性のある骨」を使用せず、安全で安心な自家骨やB-Tcpやハイドロキシアパタイト等のカルシウム由来の素材を使用しています。