一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント科・矯正歯科
・審美歯科 ・マタニティ歯科・予防歯科

HOME 大東歯科のこだわり 当院のご案内 STAFF募集 お問い合わせ
咬み合わせのこだわり
1)歯の咬み合わせは第二の心臓
歯の咬み合わせは第二の心臓と呼ばれています。
「咬み合わせ」は脳や血液などに刺激を与えると共に、身体のバランスに大きく関わっています。
それらが崩れると血流不全を引き起こし、脳の働きが悪くなったり慢性的な偏頭痛や肩こり、腰痛、さらには内臓疾患などを引き起こす大きな原因となります。
勉強に仕事に集中できない。
肩こりや腰痛が慢性化している。
偏頭痛がおさまらない。
いつも身体がだるい。
こんな症状がある方はひょっとすると「咬み合わせ」が悪い事が原因かもしれません。咬み合わせは身体のバランスをつかさどる要件の一つです。
また、咬み合わせ調整は血流不全を改善します。いわゆるアンチエイジング(抗加齢治療医学)の領域で、特に女性の方は血流が改善されるとお肌のハリやきめ細かさが改善され若々しさを保てます。
当院では咬み合わせの良し悪しを瞬時に判定し、微調整をほどこす技術を持っています。

2)きき顎
ご存じですか?人間には利き手と同じように「きき顎」があるんです。
人は必ずきき顎側で無意識に咬んでいます。
このきき顎を患者さん毎に見分けて歯の治療をしなければ、後の身体のバランス(肩こり、腰痛、偏頭痛など)に大きな影響を与えるのです。
つまり「詰め物」の高さや傾斜を患者さん毎に意識的に、意図的に治療しなければ虫歯は治っても身体そのものに悪影響を起こす治療になっているのです。「歯科医師」が、歯と顎の関係を理解することはとても重要です。
当院では顎の関節を触らせていただくことで、きき顎を判定し治療を施しています。
3)スポーツと咬み合わせ
スポーツ医学の分野でも「咬み合わせ」は、記録の向上、成績の向上に影響しています。さらに噛み合わせが選手生命を脅かす原因であったりもしています。スポーツ歯学の分野ではまさに記録と成績は咬み合わせが影響すると言われています。
たとえば陸上競技のスタートはコンマ何秒の改善の為に繰り返し練習されますが、咬み合わせを調整するだけで自分自身の持つ最大限の力をスタートに集中させる事が出来るようになります。
ラグビーやアメリカンフットボールのような激しいコンタクトスポーツでは咬み合わせは重要で、正しい咬み合わせに調整すれば自分自身の持つ最大限の力をコンタクト時に集中させる事が出来るようになります。
野球の場合も打者や投手にも咬み合わせはとても大切です。
同様にテニスやゴルフ、相撲、サッカー、バレーボールなど、様々なスポーツ種目でも自分自身の持つ最大限の力を集中させる事が出来るようになります。
是非一度、当院で咬み合わせの調整に来院ください。

4)顎関節症
近年、増加している「顎関節症」は口腔外科にてマウスピースを用いた処方で一時的に痛みを軽減するだけの治療にとどまっています。
しかし、その疾患の原因は「咬み合わせ」や生活習慣にまで及び幅広い分野の医学領域で根本的、総合的に治療方法を考えるべきものなのです。
当医院では患者様のきき顎を見分け治療し、「顎関節症」に対しても発症の原因を解明し根本的改善をはかる治療を施しています。